ブログ開設 未分類

ブログでは見出しを使い分けることで検索エンジンに高評価される

今回は見出しタグについての僕が調べたことを解説していきたいと思います。

見出しタグってどんな時に使っていますか?

僕は文字を大きくしたい時に使っていました。

ところが見出しタグには文字を大きくすること以外にも役割があったんです!!

この記事の目次
見出しタッグって何?
見出しタグにはどんな種類があるの?
見出しタグはブログで、どんな役割を持っているの?

という内容で解説させていただきます。

見出しタグって何?

見出しタグとは、見出しを作るタグのことです。
そのまますぎますね。

コード表記でいくとhタグとも言ったりします。

<h1>本文</h1>

のように記入すると見出し1の大きさに文字が大きくなります。

見出しタグにはどんな種類があるの?

見出しタグにはh1〜h6の種類があります。
この数字が小さくなるほど、文字が小さくなります。

ここで重要な話になりますが、見出しタグは必ずh1から順に使っていかないといけません。

それぞれのタグの使い方

h1タグはタイトル

h2は大見出し

h3タグは中見出し

と言った感じになります。

なので、h2の大見出しの中にh4タグとh3タグを入れた場合、h3タグを先に表示させないといけません。
見栄えを気にしてhタグの順序がおかしくならないよう気を付けましょう。

 

見出しタグはブログで、どんな役割を持っているの?

見出しタグにはどんな役割があるかというと、記事を読みやすくする役割と検索エンジンが回遊してきた際に見出しに含まれるキーワードを読み込むため、SEO対策の役割を持っています。
それぞれのタグにも使い方があります。

それぞれの役割

h1タグはwebページの主題を表すのに使用します。記事に1回使用することで視聴者は読みやすく、検索エンジンにも高評価してもらえるようです。

h1タグ以外は記事の中にどれだけ使っても大丈夫なんですが、タグの順番は守ること、そして基本的にはhタグに続く文章はPタグで記入した方が良いようです。

 

今回のタグの役割と使い方のまとめ 

タグは順番通りに使用する。
h1タグは記事タイトルなどに使用し、1つの記事に1つまで使用しても良い。
h1タグ以外は順番にさえ気を付ければ、記事の中に何個使っても問題ない。

今回はタグの使い方の勉強でした。
僕も今までの書いた記事のほとんどがh2タグを使わずに、いきなりh3タグから使っていたので反省です。

では、本日は最後までご視聴ありがとうございました。

Copyright© komablog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.