youtubeノウハウ

動画編集でお金を稼ぐために必要なこととは?

こんにちは!komachannelです。
最近は副業ブームということもあり、ブログやnote、brainなど、様々な方法で収益をあげる方法があります。

今回はブロガーでありYoutuberのマナブさんも動画の中で話していました動画編集でお金を得るために必要なこととは?というテーマで記事を書いていきたいと思います。

 

といった内容になっております。

結論から言うと

動画編集でお金を得るために必要なことは、
インターネット環境と編集ソフト、編集技術のみです。

僕は現在youtubeの収益で生活しているのですが、今年のYoutubeのパーソナライズド広告についての仕様変更により、youtubeだけの収益では生活できなくなると焦っています。
そんな状況なので、noteを書いたり、ブログを書いたり、日々効果の見えない努力を続けています。

しかし、作業をするにあたって確実にお金を稼ぎたいと思い、クラウドソーシングサイトの「ランサーズ」に登録しました。

ランサーズで募集している仕事は色々なものがあります。僕が興味があったのはポスター作りやロゴ制作だったのですが、
とても単価が高いんです!!一件あたり4〜5万円のものがゴロゴロしていました。

しかし、この案件はコンペ形式になっており50〜100作品の中から選ばれた人にしか報酬は頂けないのです。

完璧なる実力至上主義!

僕は即参加したのですが、惨敗でした・・・・。
流石に趣味でデザインを勉強していた人間がすんなり勝てるわけもなく、ここも努力を継続していきたいと思っています。

次に考えたのは、僕の得意分野での仕事はないかということでした。
得意分野と言ったら、もう動画しか僕には残っておらず、一縷の望みをかけて「動画編集」で検索したところ、これもまたゴロゴロ案件が出てきました。

特に多かったのが漫画動画の編集をする仕事でした。
1件あたり2000円くらいで、実績を積むと1動画あたり4000円くらいに報酬がアップするようでした。

僕は結論として、インターネット環境と編集ソフト、編集技術のみ必要と先ほど述べたと思うのですが、
案件によっては編集ソフトがadobe premire proじゃないと受けれないというものが多く存在していたので、premire proを使用していないと仕事を受けれる幅が狭まってしまうこと、
そして当然クライアント側は編集ソフトの用意はしてくれないことがハードルとして存在しました。

動画の編集ができることが前提条件であるため、当然編集ソフトは持っているということなのでしょうが編集ソフトを持っていない人は辛いところですね。

他に必要なものはない理由

動画編集の案件の場合、特に漫画動画の案件の多くはナレーションやイラストをクライアント側が用意してくれており、それを元に動画を作れば良いので他に必要なものはないようです。
しかし、効果音やBGMは自分で用意しないといけないようなので、フリーの音楽素材をしっかりとパソコンにダウンロードしおけば仕事がスムーズになると思われます。
youtubeで使えるフリーの効果音やBGMのサイトはこちらの記事にまとめているので参考にしてくださると嬉しいです。

記事のリンクです → https://komablog2.com/youtubeでよく使われているフリー素材の効果音の正体

動画編集の仕事はどこで受けることができるのか

知人の紹介、自分で顧客を探しに営業しにいくのも良いかも知れませんが、クラウドソーシングのサイトに登録して紹介してもらうことが一番効率的で安心できる方法なのではないかと思います。
僕が登録しているのは「ランサーズ」というサイトです。
リンク→https://www.lancers.jp

他にも、
クラウドワークス(https://crowdworks.jp

bizseek    (https://www.bizseek.jp

などがあります。

オススメな動画編集ソフト

僕が使い勝手良くてオススメしたいのはfinal cut proです。
しかし、案件によってはadobe premire proでないといけないというものもあるので選択肢を広くしたい人は premire proを購入した方が良いかも知れません。
ちなみにfinal cut proは一度購入してしまえばその後にお金は必要ではないのですが、premire proの場合毎月お金を払わなければいけないので、そこが悩みどころですね。

Youtubeの動画投稿を初めてやってみるという方は無料のソフトi movieで練習してみると良いです。僕も2年間はi movieでyoutubeであげる動画を作っていましたが、基礎が
しっかりつくので上位版のfinal cut proを購入した時に操作方法が分からないということがありませんでした。

いかがでしたでしょうか?
今流行になりつつある動画編集者、参入するなら今かも知れません。
僕自身、ランサーズで動画編集の仕事に応募した段階なので採用されたら、もっと詳しい内容や動画作りノウハウなどをブログで書いていけたらと思っています。
最後までご視聴、ありがとうございました。

Copyright© komablog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.