youtubeノウハウ

Youtubeで役立つおすすめ編集ソフト

こんばんは!
今回はYoutubeで動画を投稿する際に使用する編集ソフトについて記載していきたいと思います。

編集ソフトって高いんじゃないですか?

っと疑問に思う人も多くいるかと思うのですが、これからYoutubeに投稿を始めていくぞ!という人はMACに付属されているi movieを使ってみることをオススメします。
なぜかというと、一番に使いやすい!!
そして無料!!ということ。
まずは無料のもので編集作業に慣れてみると良いと思います。
windowsだとmovie makerが無料です。(あまりオススメはしません)

僕の編集ソフト遍歴

僕は今、Final cut proを使用しているのですが、一番最初に使用していたのはwindowsのmovie makerでした。これも無料でダウンロードできるソフトでスライドショーなんかはこれで作ることができます。
しかし、度々フリーズすることがあり、買い替えを余儀なくされました。

次に購入したのが1万円くらいで購入することができるPower Directorでした。このソフトはPIP(動画の中に画像を入れる機能)やエフェクトなどの特殊効果も充実しており、2年間使いました。
また、テロップの位置を自在に変えることができることや、文字の装飾などがしやすいので、まさに初心者にうってつけのソフトだと思います。
Power Director公式サイトのリンクを貼っておきます。↓
https://jp.cyberlink.com/products/powerdirector-video-editing-software/overview_ja_JP.html

あるときパソコンが故障したので、パソコンをMACへと買い換えました。
そこから2年間はMAC付属のソフトi movieで編集をしていました。
i movieはとても優秀なソフトでmotionと組み合わせて使うと大抵のことはできたので使いやすいソフトだったと思います。
僕のチャンネルでは主にコマ撮り(ストップモーションアニメ)を投稿しているのでコマ撮りの編集にも使用できました。

i movieの良い点
①扱いやすい。
②効果音やBGMなどをi tunesと同期できるため、使いたいものをみつけやすい
③無料

i movieの使いづらい点
①テロップの位置が決まっている
②コマ撮りの編集の場合、i movieの場合の写真一枚あたりの表示時間が最小にしても時間でも長い
③動画や画像をタイムライン上に2個までしか同時に出すことができない

メリット・デメリットはありますが、入門編としてはとても役立つと思いますし、動画のいらない部分をカットするだけといった用途ならi movieで十分だと思います。

現在、使用しているソフト

Final cut proを使用しています。このソフトはi movieの使いずらかった部分をなくしたような感じで、できないことは無いんじゃないかと思えるほどのソフトなんですが、値段が3万円以上します。
勇気がいる買い物ですね。僕もMACを購入した当初、どうせなら良いものを使ってみたいと思い、体験版をダウンロードして使ってみたんですが、当時の僕には何がなんやら分からなくて挫折してしまいました。
そこからi movieで修行した後に再度、Final cut proに挑戦したところ使えるようになりました。
操作を覚えると難しくはないのですが、ショートカット などを知らないと難しく思えてしまします。

以上のことから、動画編集初心者の方は、まずは無料のソフト・1万円くらいのソフトを使用して慣れてきてから金額の高いソフトを購入すると操作の仕方なども勉強でき、一石二鳥なのではないかと思います。

動画編集、頑張りましょう。

Copyright© komablog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.